2015年11月豊田市高年大学での講義「有機農法」

 

年に数回ですが人前で話をする機会があり、プロジェクタを使用した講義をさせていただくことがあります。
今回の動画はそのときの最後の一コマです。
おもには有機農法について、自分で無農薬で野菜を育てるときの考え方、野菜を育てるときの栽培の楽しみ方について話しています。
農法の話になると、たいていは土作りがどうだとかどんな肥料をどれくらい入れるとか、どういった栽培方法をすると病気がでないとか収穫量が増えるとか、どうしても栽培概論になってしまうことが多いのですが、そういった技術的な話に至る前のもっと根本的な理念や考え方について中心に触れています。

★あなたはこんな悩みをお持ちではありませんか?

健康のために野菜を食べてほしいのに、子どもが嫌がって食べてくれない・・・ 。

有機野菜なら食べてくれると思ったけど・・・食べてくれないなぁ。

子どもを持つ親として、子どもの健康を気にかけるのは当然のことと思います。 安全なものを食べさせたい。健康のために野菜をたくさん食べてほしい。

でも・・・
そんな親の気苦労を知ってか知らずか、当の本人は野菜が嫌いだったりします。

なぜだか分かりますか?

その理由はかんたん。子どもにとって興味があるのは、その野菜はおいしいのかということだけだから。食べて満足する、美味しくて幸せになる。 それだけが子どもにとっては大切なことなんです。健康とか安全とか、そういった理屈や情報は必要ありません。

だったら野菜はおいしいほうがいい。
おいしければ食べてくれるにちがいない。

そう考えて、栽培にこだわり、品種にこだわり、新鮮さにこだわり、子どもに食べてもらえるような野菜を育てました。子どもたちの笑顔を想像しながら野菜セットをつくりました。
ぜひ一度、手にとってみてください。

松本自然農園の野菜セットはこちら

PAGE TOP