なぜ、うちの子どもは野菜を食べてくれないの?


あなたはこんな悩みをお持ちではありませんか?

健康のために野菜を食べてほしいのに、子どもが嫌がって食べてくれない・・・

有機野菜なら食べてくれると思ったけど・・・食べてくれないなぁ。

子どもを持つ親として、子どもの健康を気にかけるのは当然のことと思います。
安全なものを食べさせたい。健康のために野菜をたくさん食べてほしい。と誰しもが願っているはずです。

そして、食の安全についてクローズアップされることも多い世の中ですから、安心して子どもに食べさせられる食材を手に入れるために躍起になっている方もいらっしゃることでしょう。

でも・・・
そんな親の気苦労を知ってか知らずか、当の本人は野菜が嫌いだったりします。
せっかく手に入れた、新鮮で安全な有機野菜を食べてくれない。なんで食べてくれないの?細かく刻んでみたり、すりおろしてみたり。ハンバーグなどの大好きな料理に混ぜ込んでみたり。
あの手この手で子どもに野菜を食べてもらおうと、血のにじむような努力をしていませんか?

もちろん、その努力そのものを否定するつもりはありません。あなたが手に入れてきた知識と経験から、子どもにはへんなものを食べさせたくないという気持ちはよくわかります。そして、子どもに野菜を食べてもらいたいという姿勢も、決して間違っているわけではありません。

 

親と子のすれ違いには理由がある

親が考えている安全や健康を、子どもにも分かってほしいと願っているのに、それがなぜ伝わらないのかというと、食べるということへの考え方がまったく違うことが大きな原因になっているからなんです。

親であるあなたは、食べたものが体に及ぼす影響について知っています。どのような食べ方をしたら太ってしまうのか、どのような食品添加物が危険で、農薬は人体にどれほどの影響力があるのか、放射能についてどのように考えたらいいのか。世の中にあふれる情報を集めて自分なりに整理して、自分なりの考えを持っています。

でも、子どもは違います。この野菜はビタミンCが豊富で体にとってはナントカカントカ、食物繊維は体の中のわるいものをナントカカントカ。親から情報を与えられても興味がありません。興味があるのは、その野菜はおいしいのかということだけです。食べて満足する、美味しくて幸せになる。
それだけが子どもにとっては大切なことなんです。理屈や情報は必要ありません。

子どもが野菜を食べたがらないのは、その野菜がおいしくないから。ただそれだけのことなんです。

 

3つの解決策

野菜をおいしく食べてもらうための方法はいくつかあります。あなたがもし、いまよりも子どもに野菜を食べてほしいと思うなら、この方法をひとつでもふたつでも取り入れてみてください。きっと状況は変わります。完全に野菜が好きになる、とまではいきませんがある程度は望んでいる方へ向かっていくでしょう。

1.料理の腕を磨く

料理教室に行って腕を磨いたり、子どもが美味しく食べてくれるようなレシピを見つけて挑戦してみるとか、料理の腕前がアップすれば野菜たっぷりでも食べてくれるようになるかもしれません。何度もトライ&エラーを繰り返して料理の腕が上がってくれば、そのうち美味しいと言ってくれるようになるかもしれませんね。

 

2.知識や情報を集める

子どもに野菜を食べさせる方法、子どもの野菜嫌いを治すには、といった情報は世のなかにあふれています。すべての情報が正しいわけではありませんが、いろいろと試していけばそのうち正解に辿りつくかもしれません。

 

3.素材を厳選する

素材そのものがよければ、あれこれ味付けしなくても美味しいですよね。高級肉をいただくときって、塩をぱらぱらふっただけで充分だったりしますし、いい食材を手に入れたときってシンプルな調理で済ませたりします。素材がよければ、味付けはシンプルになるし、調理もあれこれ手をかけずに簡単に済ませることができます。むしろシンプルなほうが素材が活きますよね。

 

松本自然農園のこだわり

あなたが美味しい料理をつくるために松本自然農園がお手伝いできることは、美味しい野菜を提供することだけです。よい素材を手に入れて、それをシンプルに調理する。そのための野菜をお届けすることが、私たちが唯一できることだと思います。

野菜の味を決める要素は、大きくわけて4つあります。どれかひとつで100点がとれるわけではなく、4つの要素を積み重ねていくことで満点に近付くことができます。そして松本自然農園では、この4つにこだわりをもち、おいしさ100点満点を目指しています。

 

1.鮮度

ほとんどの野菜は収穫直後がもっとも美味しいです。あいだに業者を通さないで農家から直接家庭へお届けするということが、結果として新鮮さを高めることになります。野菜の美味しさを際立たせる一番大事な要素です。

 

2.旬

季節にあわせて無理なく育てることで、健康かつ栄養価の高い野菜に育ちます。夏に育てられたホウレンソウは美味しくありませんし、冬のトマトも同様です。季節を外して無理やり育てた野菜は、食べても体が喜ばないことが多いです。

 

3.栽培

無農薬かどうかも含めて、野菜が健康に育つことを追求した栽培方法は味に影響します。たんに無農薬だから美味しいというよりも、農薬に頼らない栽培をすることで、病気や虫害を発生さないためにどうしたらいいか野菜をよく観察することにつながり、結果的に美味しさに結びつくのだと考えています。

 

4.品種

ジャガイモには男爵やメークインなど特徴ある品種がそろっているように、多くの野菜には品種があります。病気に強い品種、形が揃いやすい品種、たくさん採れる品種など。そのなかには美味しさを追求した品種もあります。松本自然農園では、たとえ病気にかかりやすくても、たくさん採れなくても、美味しさを第一に求めた品種を選ぶようにしています。

 

おいしいと言ってもらえるために

おいしいかどうか、味の評価は食べた人の感じ方によります。「うちの野菜はおいしいです!」と言うのは簡単ですが、本当においしいかどうかを決めるのはあなたや、あなたの家族だからです。

大切に育てた野菜を、なるべく美味しい状態のままお届けする。

たんに、無農薬だから美味しいとか、有機栽培だから美味しいとか、そんな話ではありません。美味しいとはどういうことかを考え、美味しいままお届けするにはどうするべきかを考え、それを実現していく。松本自然農園は、いつもそんなことを想っています。

ぜひ一度、松本自然農園の野菜を手に取ってみてください。

 

野菜詰め合わせボックス

フレシア

内容はおまかせで

詰め合わせる野菜の種類は「おまかせ」になっています。これは、収穫当日に畑をみて、野菜の状況を見ながら収穫する野菜を決めているからです。そのときに状態のよい野菜を選び、おいしい野菜をお届けするためには「おまかせ」であることが欠かせません。

 

旬の野菜をお届けします

季節によって収穫できる野菜の種類が違います。それは、それぞれの野菜にとって快適に育つ気候がちがうからで、季節・気候に合わせて育てる野菜を選ぶことで、健康に、美味しく育てることができます。そして、それら旬の野菜をいただくと私たちの身体が喜びます。

 

品目説明書をおつけします

家電に取扱説明書があるように、野菜にも説明書が必要です。この野菜はどんな特徴を持っていて、どのように食べたらおいしさを引き出せるのか、どんな調理方法が合っているのか。野菜の保存はどのようにするのが最適か、いま畑ではどのように育っていて、どんな状態でお届けできているのか、など。野菜をもっと好きになってもらえるよう、その野菜のよさを活かしてもらえるよう、おいしく食べていただけるよう、しっかりとした説明書をおつけします。

 

 

発送は月曜・木曜に行っています

野菜の味を決めるもっとも大切な要素は「新鮮さ」です。収穫から食卓に並ぶまでの時間をもっとも短くできるのが農家直送のいいところ。早朝に収穫したものを箱詰めして、その日のうちに発送しますので、翌日にはご自宅へお届けできます(お届けする地域によります)。

 

作り手がわかること

本当は、あなたが家庭菜園をやって野菜を育てたほうが、子どもたちは野菜をおいしく食べてくれると思います。親ががんばって育てた野菜が、子どもにとっておいしくないわけがありませんから。一緒に野菜が育っていく様子を見ていれば、なおさらおいしく感じるはずです。

でも・・・
うちの庭は狭いし、野菜を育てたことがないからよくわかんないし、けっこうハードル高いんじゃないの?
ベランダでプランター菜園やれるのかもしれないけど、日当たり悪いからなぁ。
と思われる方もいらっしゃるでしょう。それはたしかにそうです。かんたんそうに見えて意外と難しいところもありますし、野菜をおいしく育てるにはそれなりのコツがあります。無農薬ならなおさらです。

だからこそ、農家から野菜を買ってみてください。プロにはプロの技術があります。経験があります。そして想いがあり、こだわりがあります。あなたのかわりに育てた大切な野菜を、子どもたちが食べて笑顔になってくれることを、楽しみにしています。

 

※ご入金完了後、発送希望日や配達時間指定などをメールで確認致します。

価格:4,000円(送料込み、税別)

決済は株式会社エキスパートに委託しています。

 

特定商取引法に基づく表示

PAGE TOP